FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > 美意識のある暮らし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

monobaka URL 2006-05-23 (火) 22:01

先日、京都に行ってきました。
お茶屋で舞妓さんと夜を楽しみました。

京都的美意識は大好きですね。
大事にしたいものです。

TAKUMA URL 2006-05-24 (水) 14:05

monobakaさん、ありがとうございます。
僕も京都大好きです。
日本のかっこよさを感じますよね。
日本の美意識を大切にして暮らしたいですね。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://ldl.blog15.fc2.com/tb.php/123-579c7261
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ライフスタイルを売るビジネスの創り方

Home > スポンサー広告 > 美意識のある暮らし

Home > MyStyle > 美意識のある暮らし

美意識のある暮らし

暮らしに美意識を持つこと。

それは自分の暮らしを
」という観点から少しだけ見つめ直してみること。

それはファッションだけではありません。
自分自身を美しくしなやかに保つ健康、スポーツであり、
住まい方に美しさを求めるインテリアであるかもしれません。

経済効率の最大化だけを追い求めた結果、
日本の景観は分断され、美しいものではなくなりました。

「安ければいい」という感覚が、
デザインのチープさと色の氾濫を生み出し、
日本のインテリアを見苦しいものにしました。

江戸時代、日本は本当に美しかったと言います。
それを映像としてみることはできませんが、
その日本人の感性は「茶道」「華道」「書道」など、
日本の文化に脈々と受け継がれています。

その日本人の感性を取り戻し、
美しい日本」を取り戻していくこと。
今後、観光立国として日本が成り立つためには、
どうしても必要なことではないでしょうか?

木を植えること、森をつくること、風通しの良い街をつくること・・・
これは経済効果だけを見てしまうと何も生み出さないかもしれません。

しかし、美意識をもって見ると、
ここから生み出されるものは絶対に必要なのです。

これからはそういう感覚を持つべきではないでしょうか?

美意識のある暮らしに必要な商品、サービスを提供し、
美しい日本」づくりに貢献していくことが、
ライフスタイル系ビジネスに求められることかもしれません。

Comments:2

monobaka URL 2006-05-23 (火) 22:01

先日、京都に行ってきました。
お茶屋で舞妓さんと夜を楽しみました。

京都的美意識は大好きですね。
大事にしたいものです。

TAKUMA URL 2006-05-24 (水) 14:05

monobakaさん、ありがとうございます。
僕も京都大好きです。
日本のかっこよさを感じますよね。
日本の美意識を大切にして暮らしたいですね。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://ldl.blog15.fc2.com/tb.php/123-579c7261
Listed below are links to weblogs that reference
美意識のある暮らし from ライフスタイルを売るビジネスの創り方

Home > MyStyle > 美意識のある暮らし

自由で上質な暮らしの提案。
自由で上質なライフスタイル「LOFAH」
追加する。

検索する。
リンク。
メールを送る。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
RSSフィード
今日も感謝!

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。