Home > LOHAS

LOHAS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

LOHASって何だろう?

今、ドイツのミュンヘン中心部から地下鉄で20分くらい、
南に行ったところにTAKMAは宿をとっている。
ゆったりと川が流れ、雑木林があたりを囲んだ綺麗なところだ。

今日は朝、散歩に出かけた。

小鳥のさえずりと自分の足音しか聞こえない
雑木林を歩いているといろんな事を考えさせられる。
となりにはコンクリートで固められることなく悠然と川が流れている。
ドイツはコンクリートで固めていた川を、自然の姿に戻そうと、
石を組んだりしながら整備しているという。
隣の川も昔はコンクリートで固められていたのかもしれない。

川を戻す


LOHASって何だろう?」とふと考えた。

きれいなところに暮らしたい、おいしい空気を吸って生きたい、
これは人間の魂からのエゴである。

なぜなら地球は汚い空気であろうが、地球が温暖化しようが
地球にしてみたらなんて事はない。
「人間の出現」という一瞬の煌めきがチクリと、泡のように消えるだけである。

だから残念ながら地球にやさしいというのは、
人間にやさしいということにすぎないのだ。

エコはエゴのためなのだ、僕たちは・・・。

だからって悪い訳ではない。
人間のエゴはモノが豊かになるにつれて、変化している。
これまでは便利さを求めて自然を破壊してきたエゴから、
気持ちよく心地よくきれいなところで暮らしたいというエゴに
変わってきたのだ。

ドイツの都市の自然化、これもそんな単純なエゴなのかもしれない。

LOHASとは何か?

気持ちよく暮らしたいというエゴのために
 自分たちから働きかけて暮らすこと


これが、TAKMAの出したLOHASの答えだ。

これからテクノロジーの使われ方も変わってくるだろう。
便利さの追求からの脱却と心地よい暮らしを創ることへのシフト。
気持ち良く暮らす環境を創っていくために
テクノロジーは存在するようになるんじゃないかな?

魂が求める欲望に忠実になること、
その欲望のために出来ることから始めること、
ラジカルでワイルドだけど、それがLOHASの考え方
なんだと思う。

LOHASのLはLifestyle"s"。
つまりいろんなカタチがあっていい!
自分の欲望に忠実に、暮らし、働き、遊び、食べ、寝ること。

一つひとつの暮らしのパーツを自分に合うように
濾過し、キレイにしていくこと。

そうやって生活を見つめていくこと
こそ、LOHASなのだ、きっと・・・。

ビジネスのLOHASデザイン

「成功は技術であり、充実は芸術である」

成功コーチであるジェームス・スキナーの言葉です。
人生で成功することはパターンを知り、
成功する人の「違いをもたらす違い」を知ればできる。

しかし、人生を充実させることは、成功とは違います。
成功し、お金、時間で不自由しなくなったとき、そこで自分の人生を何に使うのか?

これが「充実」です。
充実は芸術であり人生という名の創作活動です。


ビジネスも同じです。
最初はなりふり構わず利益を目指すことが必要かもしれません。
しかしある程度収益が得られるようになったとき、
そこで必要なのは「充実」です!

田坂広志さんの
これから働き方はどう変わるのか?すべての人々が「社会起業家」となる時代

によると、これからは世の中の多くがLOHASなビジネスに変わっていくだろうと言っています。
そしてそういったものに変わらなければならないとも言っています。

ビジネスが社会をよりよくするプロセスならば、
ビジネスのあり方、仕組み、理念そのものをLOHASにしていかなければなりません。

それがビジネスのLOHASデザイン

人々の生活が楽しくなる。
人々の生活が気持ちよくなる。
地球がきれいになる。
カラダがきれいになる。

直接的でなくても構いません。
ちょっとでも世の中がよくなる。それに向かってできることをする。

その時、ビジネスは充実したものとなり、「芸術」になるのです!

生活創造起業(ライフスタイル系ビジネス)の本質は、
そんなよりよいライフスタイルへの芸術的な創作活動なのかもしれません。


これから働き方はどう変わるのか?すべての人々が「社会起業家」となる時代
田坂 広志
ダイヤモンド社 (2003/10)
売り上げランキング: 14,832

「ロハスデザイン大賞」審査員メンバーになりました!

突然ですが、

「ロハスデザイン大賞」審査員メンバーになりました!!

今LOHASについての論文を書いているんですが、調べれば調べるほど、
「LOHAS来るぞ!」という思いが強くなっています。

LOHASの考え方はアメリカから紹介されましたが、
日本人の古来より育まれてきた感性とリンクするところが多いんです。
つまりアメリカ人以上に日本に根付くライフスタイルになる可能性が高い。

しかし、世の中LOHASロハスと言っていますが、
「LOHAS」なプロダクト、サービスとは何かと言われると、
混乱してしまう状況が今の日本の状況であると思います。

その中でソトコトが
「ロハスを分かりやすく、社会的影響力を持つ概念として育てたい」
という趣旨のもと、「ロハスクラブ」をつくりました。

そしてロハスビジネスを育てる目的で、年一回ロハスなヒト・モノ・コトを、
「ロハス・デザイン大賞」として表彰するそうです。

そしてその最終審査員に選ばれたわけです!!
(嘘です、申し込めば誰でもなれますよ!)

いいと思いませんか?
まだ生まれたばかりの概念「LOHAS」を育てる一員になれるんです。
最終審査員になりたいという方はロハスクラブで申し込んでみてくださいね!

LOHASが21世紀の当たり前になっていくんじゃないかなと
思ったりしている今日この頃、
TAKUMAもLOHASを育てる一員になれることを楽しみにしています!

LOHASはエゴイストだ!!

「最高のエゴイストは最高のエコイストだ」

これはソトコトについてる「チビコト」という小冊子で、
LOHASの調査をおこなったピーター・D・ピーダーセンさんが述べている言葉。

一見、矛盾しているように聴こえる、この言葉ですが・・・
ピーターさんは言います、

「最も愛おしいものが、自分だと考えると、どんなものを食べて、どんなものを身につけるかを考えると。」
「最も愛おしいものが、子どもだと考えると、どんなものを食べさせ、どんなところで住むのがいいのかを考えると。」

そして自分を大切にした考え方をしていけば、
それが結局は
地球や環境、そして未来につながっている
ことに気づくと。

そんな「おおきな地球という環境のなかに自分がいる」ということに気づくことこそ、LOHASに流れる考え方なんじゃないかなとおもいます。


【ちょっとLOHASな自分になるために1】


最高のエゴイストになろう!

LOHASとセミナーのあま~い関係

健康と環境にやさしいライフスタイルを意味する
LOHAS(ロハス・ローハス)って5つのジャンルがあるようです。

1、持続可能な経済
2、健康的なライフスタイル
3、代替えヘルスケア
4、自己啓発
5、環境に配慮したライフスタイル

これらのジャンルが有機的につながっているということを
知ることがLOHAS的な生き方なんですね!

TAKUMAは特に
4、自己啓発
を含んでいるところが新しいなと思うんです。

自己啓発って結構誤解があると思うんです。
セミナーとか自己啓発本とかぜんぜん興味ない人に言うと、
「怪しいんじゃないか」って思う方、結構いますよね!

なんか騙されて壺を買わされるんじゃないかとか・・・(笑)。

でも、まったくそんなことはない!!・・・んですよ。

そもそも自己啓発とは、
自ら成長・向上しようという意欲をもって学ぶことなんですね。

自分をみつめ、より自分らしい豊かな人生を送るために、
常に向上しようという前向きな態度や心構えを持つことなんですね。

セミナーがいいのは、
直接五感をフルに使って、講師が伝えたいことを学べること
そして、向上心溢れる人達に会えることですね!

とにかく読んだだけ、聞いただけ、よりも

伝わり方が違いますよね。
スガシカオが、ライブが一番いいのと同じです!!

浸透力が違うんです。

実際にすごい人を生で見るというのは、すごくいい影響を受けます。
なんか間近でみると、自分もでるきるんじゃないかという気になります。

TAKUMAはその講師の持っている雰囲気を吸収しに行きますね。

そしてセミナーに行かれる方は向上心が高い方が多いですから、
そういう素晴らしい人達と知り合うきっかけにもなります。

僕も速読のセミナーを受けて以来、そのご縁から本当に素晴らしい方々に
お会いすることができました。速読はまだ未完成ですが(笑)、
そのご縁が最も大きな財産になりました。

これからもっともっとセミナーや講演会が一般的に受け入れられて、
人と人が繋がって、ともに成長していくような人々が増えれば、
日本はもっとハッピーになるだろうなと思っています。


というわけで、自己啓発をも取り込んだLOHASの考えが
さらに日本中に広まっていくのをちょっと楽しみにしています。

ソトコト電話インタビュー!

先日、ロハスピープルのための快適生活マガジン「ソトコト」の
副編集長の方に電話インタビューしました。(そんな大袈裟ではないのですが・・・。)

やー、本当に興味深い話がいろいろ聞けて、勉強になりましたし、
なによりおもしろかったです。

忙しい中わざわざ時間を作っていただいた副編集長に
改めてお礼を言いたいと思います。本当にありがとうございました。

一番、なるほどと思った話は、

LOHASな人々が、
「自分の欲と社会的な責任の両方のバランスをとった人々」であるということです。
ストイックにあれも駄目これも駄目というのではなく、
自分の生活を楽しみながらも地球のことを考えた行動をする人々であるということです。


今まで自分だけの幸せやお金儲けを中心に考える人々が注目されていました。
しかしそれとは別に、社会や地球環境に貢献したいという欲求ももったLOHASな人々がリーダーシップをとって行動し始めているのが、今なのだそうです。

LOHASな人々は以前より多くいたのです。それらの人々が今立ち上がり始めたのです。
日本においてもLOHASの考え方が自分にぴったりだったという人は多いはず!

これからどんどんそんなLOHASの考え方に共感した人々は多くなると思います。
そんなLOHASな人々にむけた商品やサービスがますます発展するだろうと思います。

ソトコトの副編集長もそんなLOHASに可能性を多いに感じるとおっしゃっていました。
TAKUMAもLOHASに可能性を感じています!


実は「THE CULTURAL CREATIVES」という
LOHASの生みの親ともいうべき原書を入手しました!!
The Cultural Creatives: How 50 Million People Are Changing the World

オッシャー!!・・・と言いたいのですが・・・

もちろん全て英文370ページ!!


本当に理解できるのか

大いに不安です(泣)!!




LOHASとは価値の優先順位かも!?

先日、LOHASの情報収集のため「ソトコト」編集部に乗り込み、
バックナンバーをゴッソリ買ってきました。

そしてたくさんの雑誌や本に目をとおすにつれて、
LOHASについての考え方が少しずつ変わってきて、
ある仮定に達しました。

それはLOHASは方法論ではないのかもしれない、ということ。

以前は、LOHASとは、
オーガニックな食事だったり、ヨガだったり、サプリメントだったり、
とある種の方法論だと思っていました。

ヨガを採り入れるからLOHAS的だとか、
環境にいい商品を買うからLOHASなんだと思っていました。

しかし、そうではないのではないかと感じてきました。

LOHASとは
「生活においての価値の優先順位を自分の心身の健康と地球環境に置くこと」

なのではないかと。

つまり、社会的成功や経済的成功よりも、
自分のカラダとココロに気持ちいいことや
地球にとってやさしいことに
最も価値を置いて考え、行動することがLOHASなのではないかということです。

ライフスタイルは方法よりもその根底に流れるコンセプトが大事だと思います。

シンプルライフもモノを捨て、モノを減らすという方法論よりも、
自分の本当に大切なものを大事にするためにコンパクトな生活をするという
考え方の方がよっぽど大事です。

以前お会いしたことがあるくっぴーさんも「前向きシンプルライフ」というサイトで、モノをスッキリさせることよりもココロをスッキリさせることの大事さを言っています。

前向きシンプルライフ
シンプルライフの方法論よりも考え方がよく伝わってくるサイトです。オススメです。

だからLOHASも方法論の前にその根底に流れる「コンセプト」を考えることから始めるべきなのではないかと思っています。

LOHASの本読んでいます。

今、LOHASについての本を読んでいます。
いや~、深いですね。かなり深いです。

スローライフ的な考え方も盛り込んでいるし、

オーガニック的でもあり、

シンプルライフの考え方もあり、

エコロジーでもあり、

メンタルヘルスやストレスコントロール、

タイムマネジメントやセルフイメージ、東洋医学にもふれており、

様々な研究成果をライフスタイルにまで落とし込んだ

軸のしっかりした「コンセプト」をLOHASには感じます。

ただのブームで終わるのではなく、

LOHASをベースにして、様々なスタイルが生まれるような
そんな「ベースの考え方」に成熟していくのではないかなと思います。


アメリカ行って、この目でLOHASの本場を見てみたくなりましたー。

こういう人々の生き方にまで心地良い影響を与えるライフスタイルというのを
今度は日本から提案できるようになりたいなと思う今日この頃です。

今日読んだ本は「いきいきロハスライフ!LOHAS-ココロとカラダと地球にやさしい生き方」でした。

いきいきロハスライフ!LOHAS-ココロとカラダと地球にやさしい生き方



卒論はLOHASだ~!

今TAKUMAは大学生をやっているんですが、

卒業するからには卒業論文を書かなくてはなりません。

しかし何にしようか迷っています。この時期に来て・・・。

やりたいことは、ライフスタイルについてなので、

スポーツとライフスタイルについてやりたいなと思っていました。

ですが、どうやって何を研究しようかが漠然としすぎていて困っていました。

しかし、今日ひとつのテーマがひとつ明確になりました。

それは 「LOHAS」

以前に記事でも書きましたが(本田健さんが「幸せな小金持ち」という生き方を提唱したということをチェック!)、

最近日本でもブームになりつつあるLOHAS。

健康を大事にしたライフスタイルなため、
スポーツとも繋がるのではないかなと思いますし。

ライフスタイルについて研究するのは、見てのとおり大好きです。

というわけでLOHASを深く研究してみようと思います。

それで、具体的な一考察ができればいいかなと思います。

そこで、お願いです。
LOHASに関して何か情報をお持ちの方、何でも構いません。
LOHAS情報を教えてください。必ずやいい研究につなげてみせます。

また今、ライフスタイルについて研究している大学院を探しています。
ライフスタイルについて研究している人、研究室、活動など、そんな情報を知っている方いましたら、ぜひ教えてください。

今日も読んでいただいて、ありがとうございました。

Home > LOHAS

自由で上質な暮らしの提案。
自由で上質なライフスタイル「LOFAH」
追加する。

検索する。
リンク。
メールを送る。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
RSSフィード
今日も感謝!

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。