Home > ライフスタイル企業。

ライフスタイル企業。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ドレスファイル - 女性のクローゼットの悩みを解決?!

おもしろいビジネスだなと思ったので紹介します。

「ドレスファイル」
http://dressphile.jp/index.html


「貸し倉庫」×「服のメンテナンス」
のアイデアを、ネットとリアルな倉庫を
上手く結びついて使い勝手をよくしたビジネスですね。

「服は買いたい、でもクローゼットがもういっぱい」
「服をほかのところに置いといて
 使うときに出したい。でも服が傷むのは嫌」

そういった女性の悩みやニーズに的確に答える
「オンラインクローゼット」というコンセプトは非常にうまいと思います。

しかし、その保管倉庫とネットを融合させる
システムづくりは、大変だったと思います。
シンプルな料金体系で実現させたサービスはあっぱれです。
使い方もシンプルそうでわかりやすいですね。

これ自体は、ライフスタイルを提案しているわけではありません。
しかし、利用するお客の視点に立ったサービスづくりの姿勢を感じます。

「ドレスファイル」
http://dressphile.jp/index.html

「シカクムービー」の仕掛け!?ストーリーで共感を!



ライフスタイル提案とは、お客さんの心の中に
ひとつの共感を生み出すことです。

そのひとつの手法としてストーリーで伝えるというのがあります。

ストーリーを語ることは強力な味方になります。

人は、ストーリーに対しては意識のブロックを外してしまう傾向があります。
だから、無意識に働きかけ、その結果自然とお客さんの中に共感が生まれたりします。

そして世の中にはそのストーリーを使って
共感を生み出す仕掛けをうまく使う会社が存在します。

最近、おもわず共感してしまったWEB広告があります。

それが、

ユーキャンのシカクムービー

です。

だめなひとりの人物が、資格によって、
なりたい自分に変わっていくというストーリーをうまく表現しています。

主人公をフリーター、派遣社員、専業主婦と、
今不安や抱えていそうな人々に当てているところもうまいです。



僕はこの「犬とインテリアコーディネーター」というストーリーが好きです。

インテリアに興味があるというのもあるのですが、
夢をあきらめそうになる自分を、ひとつのキッカケで
勇気をもって一歩を踏み出し、自分らしく輝く姿に共感したという感じです。

ブログでこれを見て、思わず泣いてしまったと書いていた人もいました。

そして、そういった「人生を変えるキッカケ」に
ということで、資格取得の通信講座のを紹介しています。

そうすると、シカクムービーを見た人々の中で、
安定のために取っといた方がいいかなという程度の「資格」が
「人生を変えるキッカケ」に変わってしまう。

シカクムービーがお客様の中の
通信講座の意味を書き換えてしまったのです。
あなたもきっと、見た後と、見る前とでは、
通信講座に対しての見方が変わっているのではないでしょうか?



通信講座などは、手元に届くまで、目に見えにくいわかりづらい商品です。

しかし、こうしてメリットをストーリーによって
提案することで、その商品の価値がわかりやすく伝わるのです。

目に見えづらい商品やサービスを扱っている場合は、
この発想をヒントにするといいかと思います。

もちろん、ユーキャンのように
大規模な広告は打てないかもしれませんが、

映像の変わりに文章でストーリーを伝える。
俳優のかわりに自分がストーリーを語る。
映像のかわりに、空間や商品の編集で生活を提案する
など、共感を生み出す仕掛けはいろいろあります。

今、Webでも動画を扱えるようになり、
テレビCMのような効果を、
安く手にすることもできるようになっています。
これは大きなチャンスです。

これからますます感性に訴え、共感を生み出すことが
ビジネスにとって重要になってきます。


ぜひユーキャンで資格をとるのもいいですが、
そういった視点でビジネスを捉えていく方が、
これから必要とさせる人材となる上で大切なことかもしれません。

ぜひ、「シカクムービー」を
共感を生み出すという視点で見てみてくださいね!

http://www.u-can.co.jp/movie/

Apple - PCと音楽の暮らしをを変えた海賊たち


Apple(アップル)

ライフスタイル企業の話をするときに、
まっさきに思い浮かぶのが、Apple(アップル)です。

アップルと言えば、Macintosh(マッキントッシュ)、iPod、iPhone!
パソコン、音楽、そしてケータイのあり方そのものを変えています。

アップル創業者のひとりであり、現CEOのスティーブ・ジョブスは、
ライフスタイルからビジネスを発想する天才です。

アップルが提供しているものは、
単にデザインに優れたPCや音楽再生プレーヤーではなく、
その商品を通じて広がる楽しいライフスタイルなのです。

そんな「アップル」というライフスタイル企業から
自分のビジネスに生かせる考えかたを3点にまとめました。


1. 生活者視点で考えるデザイン

Appleのスティーブ・ジョブスさんのすばらしいところは、
「デザイン」がもつパワーを知っていたことにあります。

そしてそれは、いつも技術者の視点ではなく、
暮らしを楽しむ視点からデザインされています

質感や感触、裏蓋のネジなどの細部までこだわったデザインは、
所有欲を刺激してくれるとともに、愛着を生み出します。

だからMacユーザーにとってMacはただのパソコンではありません。
それは、「自分の暮らしを豊かにする相棒」なのです。

Macをスリープ状態にさせていると、
いびきをかいているように、ランプが点滅したり、

iPodをシャカシャカと振ると、曲がシャッフルされたり、
「人間味」をデザインするところは、見事と言っていいと思います。


2. 一貫性のある体験(エクスペリエンスをデザインする)

アップルの凄い点は、Apple Store、Webサイト、パッケージ、
スタッフの対応など、ありとあらゆるAppleと顧客の接点となる場面で、
どういう感情を顧客に抱いてほしいか、顧客にどんな体験をしてほしいか、
それらを明確にして、コミュニケーションをデザインしているところにあります。

銀座、渋谷などにアップルの直営店であるApple Storeがあります。
そこは、まさに「Appleらしさ」を表現した空間です。
そして多くお客さんがMacやiPodにふれることができ、
アップルの楽しみ方を知ることができる空間になっています。

このように、体験をデザインするという視点で、
あらゆるサービスや商品に一貫性を出しているのが、アップルなのです。


3. 夢見るライフスタイルから発想されるプロダクト

アップルのモノづくりは、未来発想です。

アップルには、思い描く提案したい未来のライフスタイルがあります。

そこから逆算して、あるべきデザインや、
今の技術でできることを提案しています。

封筒にMacが入っているCMで衝撃を与えた「MacBook Air」


このMacBook Airは、家電メーカーが、ブルーレイディスクか、HD-DVDかで
しのぎを削っていたときに、あえて光ディスクを載せないという選択をしたのです。

それは、インストールには、CDやDVDを使うのが当たり前のときに思い切った選択です。
そして、インストールはほかのPCのDVDスロットを借りて、
無線でデータを飛ばすという荒技を提案しています。
そこにはきっと、スティーブ・ジョブスの、

「もう、CDやDVDをいちいち入れ替えるなんて面倒だよね!
 ワイアレスLANでインターネットでダウンロードして楽しむ方がスマートだよね!」

というライフスタイル提案が込められています。
(これはあくまで予想ですが・・・)

要は、光ディスクが何ギガになろうと、関係ないと。

その先にある未来・・・つまりディスクを入れ替えて使うのではなく、
ディスクの入れ替えそのものを必要としない
ワイアレスネット環境とハードディスクを中心にした、
空間に縛られない未来からライフスタイルをデザインしています。

映画、音楽、写真全てのコンテンツがインターネット上にあり、
必要なものをワイアレスでダウンロードして楽しむ。


これが、アップルが考えている未来だと思います。
実際にiTunesというアップルの音楽ソフトは、
ダウンロードして、音楽も映像も購入できるようになってきています。

このように、提案したいライフスタイルから、逆算して製品をつくっているのです。


TAKMAも大のアップル好きです。
ライフスタイル提案とは何か、
そのインスピレーションにあふれた会社だと思います。

ぜひ、参考にしてください!

無いものをつくろう!「都市デザインシステム」

「世の中に無いものをつくろう」
をテーマに掲げてきた

都市デザインシステム

これまでになかった
「コーポラティブハウス」
という住まいのつくり方を普及させ、
そしてリノベーションを用いて
「どう暮らすか」をテーマに「遊べるホテル」を創り上げた
「hotel CLASKA」
などこの会社は
「住まいのつくり方」「ホテルの遊び方」
提案するライフスタイル系企業と言えるでしょう。

そしてこの会社はリゾートにも進出します。
軽井沢でのリゾート事業の展開、
そして沖縄での新たなリゾート開発「OKINAWAプロジェクト」

TAKMAははじめ、「沖縄の自然、住民の生活を壊すのではないか」と
思っていまして、それを見極めるために説明会に行ってきました。

しかし、話を聞いてみるとこれはおもしろい!
自分が想い描いていた「沖縄でのリゾートのあり方」への想いと
共通点がいっぱいあったのです。

TAKMAが勝手に描いていた「これまでにないリゾート」とは、

1沖縄の環境資源を疲弊させないリゾート
2「沖縄人」として暮らせるリゾート
3地域住民に開かれ一緒につくるリゾート
4長い時間をかけて創り上げるリゾート
5日本の文化を世界に発信するリゾート
6まわりと共有しながら美しい景観を創り上げるリゾート

でした。
まだ形にはなっていないため、ビジョンを聞いただけですが、
考え方のベースが似ていて、これはおもしろいなと思ったわけです。

これからの「都市デザインシステム」注目です!

ハーレーという魂!「Harley-Davidson Japan」

Harley-Davidson

Harley-Davidson Japan

ハーレー・ダビッドソン・ジャパンです。
「魂」を提案する会社です!
大型バイクが欲しいのではなく、「ハーレー」がほしい人もいるはずでしょう。

「ハーレー」のエンジン音は、わざわざ、
馬の蹄(ひづめ)の音を模しているそうです!
だから普通はありえない3拍子なんです。

まさしく「鉄の騎馬」!

こういった、運転性能と直接は関係ない「こだわり」が
「ハーレー」の魂を創り出します。

この会社は、ライフスタイルの提案をかなり意識しています。
ライフスタイルブックも提供していますし、
キャッチコピーを見てもわかります。

「心を満たすライフスタイルのはじまりです。」

ハーレーダビッドソンは
ワクワクするような新しい暮らし」を提案しているんです。
その媒体が「大型バイク」なわけです。

だからこそ、売れているんです!
大型バイクが欲しいのではなく、「ハーレー」が欲しいんです!

もっと深く歴史、ブランド戦略、ビジョンなどを見ていくと、
よりライフスタイル系のエッセンスが得られますね。

ライフスタイル系企業のとても良い例だと思います。

・・・TAKMAも欲しくなってしまいました(笑)。

「ダッシュ村」に見る観光産業の未来

「The鉄腕ダッシュ」という
TOKIOがやっている番組があります。

その中に「ダッシュ村」というコーナーがあります。
『ダッシュ村』

TOKIOが、達人たちと協力しながら
民家をつくり、米をつくり、かまどをつくり、
陶芸をやり、自分たちの創った鍋で穫れた食材を食すという
村の営み・暮らしを体験するのです。

このコーナーのおもしろさは

「村を少しずつ創っていく楽しみ、
 そしてそこで行われる営みの贅沢さ」


を一緒に体験できることだと思います。

昔ながらの知恵を生かしながら、
自分たちで創り、食し、愉しむ、あれこそ、最高の贅沢です。

今でも人気番組であり続ける理由は
「自分たちで生活を創ってみたい」
という願望を多くの人が持っているからだと思います。

自分たちで村をつくるなんて、あんなおもしろい遊びはないのです。
あれこそ、まさしく
「田舎暮らし」というクリエイティブな暮らし方を
遊びながら提案しているわけです。


これからは多くの人が、創りたい、体験したい、暮らしたい、
という願望を持つようになります。
見るだけじゃなくて、自分の肌で感じる感覚を求めています。

そこで生活をしたいんです。

観光の姿も変わります。
今までは施設を観て回ることで満足していました。

だから田舎は困惑していました。
そして意味のない資料館を税金を使ってつくってしまいました。

しかし、これからは田舎こそチャンスです。
みな自分たちで創ってうまいものを食って生活する、
そういう体験をしたいのです。
「ライフスタイル提案型村おこし」が生まれてくるわけです。

これからはライフスタイルを売る発想が観光産業をも変えていくんです!

シンプルライフ・オンライン

「シンプルライフ・オンライン」

このサイト、「シンプルライフ」をテーマに、
その考え方をカテゴリー別に紹介ししているのですが、
インテリアなどの見た目や、方法論で終わるのではなく、
モノの考え方や何が幸せなのかといった視点から記事を書いています。

このサイトに最初に出会ったときは、
「かっこいい部屋づくり」に興味があったときで、
インテリアを探していたらたまたま出会ったのですが、

コンセプトをしっかりと持った「ライフスタイル」にまで落とし込んだ提案に、
すばらしいとうならされてしまいました。

それからTAKMAは「シンプルライフ」がベースです。
といっても、本を買い続けていて本が溢れていたりするんですけどね・・・(汗)。

何がここまで惹きつけたのでしょう?
それはやはり「モノの考え方の指針」を与えてくれたからだと思います。

モノを買うこと
仕事を選ぶこと
部屋づくりをすることなど
様々な場面での「モノの考え方の指針」を示してくれたおかげで、
自分にとって心地良く、よりよい選択ができるようになりました。

人は今、迷っています。

何が正しいのか
何が自分にとって幸せなのか
何が自分らしい生き方なのか

人は自分自身でしか自分を変えることはできませんが、
そっとヒントを示してあげることはできます。

そのヒントを示してあげること

それがライフスタイルを提案するということ
なのです。

MoMAの「Giftアイディア」というアイディア!

Logo_red_120x90

今日は「MoMA」を紹介します。

ところで・・・MoMAって何?

MoMAはニューヨークの近代美術館(The Museum of Modern Art)MoMAの略で、身の回りのグッドでモダンなデザインを1世紀にわたって紹介し続けています。

そのMoMAが日本向けにオンラインショップをつくったのが、

MoMA Online Store Japanです。

その中で、ライフスタイル系ビジネスのヒントになるなと思った、
秀逸のアイディアは、

「Giftアイディア」です。

TAKUMAがどこに感心してしまったかというと、

商品の種類別にアイテムを分類するのではなく、
「贈りたい人」別にアイテムをセレクトしているところです。


今までの多くのネットインテリアショップは、
テーブル&チェア、テーブルウェア、ステーショナリーなど、その商品のカテゴリーごとに商品をセレクトし、分類していたと思います。

このやり方も、全く悪いわけではありません。なにか商品を探しているならば、この方法がわかりやすいでしょう。

しかし、ライフスタイルを売るという発想でやるならば、
何かを探している人に対して提案するという
「Giftアイディア」の考え方は非常に参考になります。

これを自分のライフスタイル系ビジネスに応用できないでしょうか?

プレゼント用の本を探している人に本をセレクトしてあげる本屋さん。
「晴れた日曜日の午後に聞きたいCD」というテーマでセレクトするCDショップ。
友達をびっくりさせるアイテムを世界中からかわりに探してきてくれるギフトショップ。

などなど、商品の分類をターゲットや提案するライフスタイルでくくってあげるんです。

All About スタイルストア

今日もライフスタイル系の流れをすごく感じるサイトを紹介します。

All About スタイルストアです。

まずはこのバナーを紹介します。

スタイルカタログ006


「個性ある鞄と過ごす。」


もう一度
「個性ある鞄と過ごす。」


どうですか、鞄という相棒とのステキな生活が、イメージとして湧いてきませんか?

これがライフスタイルを提案するということの大きなヒントです!

何か「いいなっ!」と思ったアイテムを売るときに、
そのアイテムがあって、生活がすごく楽しくなる、
そんなイメージをお客さんにもすごくリアルに感じさせてあげるんです。

そうです、お客さんに、
「ライフスタイル」という「生活の楽しみ方」を
そのアイテムと一緒にプレゼントしてあげるんです。

このスタイルストア<が目指すところには、この想いがすごく伝わってきます。
それはAll About スタイルストアのコンセプトからもわかります。

All About スタイルストア コンセプトを見る

このライフスタイルというのは、何も大手サイトしか出来ないわけではないと思います。
むしろ、仕事しかしていないような仕事人間には出来ないと思います。それよりも、生活を楽しみイキイキとしているライフスタイル系人間にこそ出来ることなのです。

まずはライフスタイル系人間になることを目指すのは、そのためです。
スタイルストアも「その道のプロ」という生き方上手が提案するというカタチをとっています。

つまり人を動かすようなライフスタイル提案は、人にしかできない、ということです。

スタイルストアは、ライフスタイル系ビジネスを考える上で、非常に参考になる試みだと思います。

あなたもライフスタイルを提案してみませんか?

logo_120_90

Home > ライフスタイル企業。

自由で上質な暮らしの提案。
自由で上質なライフスタイル「LOFAH」
追加する。

検索する。
リンク。
メールを送る。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
RSSフィード
今日も感謝!

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。